MENU
ヘルスケア専門メディア「ケンカツ!」が紹介するストレートネックの改善に役立つ情報サイト
ストレートネックに関する体験談

ストレートネックに関する体験談

ストレートネックが引き起こす様々な症状でお悩みの方から実際に改善した体験談を紹介しております。体験談の内容を元にすべて専門家が解説。首もみやタオル枕、首腰枕を実践して症状が改善されております。つらい症状でお悩みの方は参考にしてください。

当サイトの解説者について(プロフィールを詳しく見る)

はじめに

「ストレートネック」は「スマホ首」ともいわれ、近年このストレートネックが原因となった症状に悩まされる人が増加しています。肩こりやめまいに始まり、精神面にまで影響をもたらすことも。

ここでは、ストレートネックが引き起こす様々な症状でお悩みの方から、見事に改善された実体験を報告していただきました。体験談の内容を元にすべて専門家が解説をおこなっております。
ご自身の症状とあわせて改善の参考にしてください。

首の3点もみで症状が改善した例

症状・改善例①Aさん(女性・64歳)

Aさんのめまいは、毎週通っているホットヨガで突如起こりました。岩盤浴の後、少しクラクラしたので休んでいたところ、目の前がグルグル回転し始め、嘔吐が止まらなくなったと言います。

救急車で運ばれ、耳や脳の検査をしたものの異常は見つからず、薬を処方されて退院しました。しかし、その後も、激しいめまいの発作をくり返し、ついには外出が怖くなり、趣味のテニスも止め、仕事さえも辞めてしまったのです。

当院に来院したAさんの首を調べると、前屈不全(首を前に倒しても骨がほとんど動かない状態)があり、首の横にある太い筋肉(胸鎖乳突筋)もかなり緊張していました。そのため、Aさんのめまいの原因は首こりだと考えました。

そこで、首の3点もみで首のこりをほぐしてもらうようにしたのです。Aさんに初めてお会いしたのは、6年ほど前ですが、今日までめまいは一度も起こっていないと言います。

激しいめまいの恐怖からも解放され、外出も以前のように楽しまれているということです。

症状・改善例②Bさん(女性・65歳)

ある夜、睡眠中に急に、地の底に吸い込まれるような激しいめまいに襲われたBさん。近くの総合病院に行くと、突発性難聴(あるとき突然に片方の耳が聞こえなくなる病気)と診断されました。

ステロイド薬の点滴治療で、突発性難聴の症状は回復したのですが、めまいだけがいつまでたっても残ってしまったのです。立ち上がるとフラフラし、ひどいときには家の中を這って移動したと言います。

受診したBさんの首の横を押すと、「痛い!」と思わず声を上げました。ご本人は気づいていないようでしたが、かなり首のこりがありました。

Bさんには、頓服薬などの処方とともに、首の3点もみを体調のよいときに行ってもらいました。その後1年ほどで、めまいは軽くなり、頓服薬を飲む回数も減らせました。

そして、立ち上がってもフラフラせず、壁もつたわずにらくに歩けるようになったと喜んでいらっしゃいました。

症状・改善例③Cさん(女性・42歳)

めまいが起こることに不安や恐怖を感じ、家に引きこもりがちになったり、気持ちがふさぎ込みがちになったりする人は少なくありません。Cさんも、そんな一人でした

3年前、台所で洗い物をしていて、ふっと顔を上げた瞬間、グルグルと目が回りました。それからは数ヵ月に1回、めまいの発作が起こるようになったのです。

Cさんの首は前屈不全があり、首の筋肉もこっていました。特に、耳に近いところがこっていたので、そこを中心に首の3点もみを実践してもらいました。

それから1年、たまに小さなめまいはあっても、立っていられないようなめまいの発作はないそうです。外出時の不安がなくなったと、ほっとしている様子が印象的でした。

症状・改善例④Dさん(男性・36歳)

最近は、パソコンやスマートフォンの長時間の使用により、首の前屈・後屈不全、いわゆる「ストレートネック」になっている人が多くいます。それが原因で首がこり、めまいを引き起こす場合があるのです。

Dさんの場合も、ストレートネックが大きな原因でした。Dさんのめまいは、足元がふわふわして、後ろにひっぱられるような感覚でした。外で倒れたら……という不安が大きくなり、一時は仕事にも、ほとんど行けない状態でした。

しかし、首の3点もみで首のこりをほぐしたところ、徐々に筋肉が柔らかくなり、めまいもかなり軽減したと言います。今は、ほぼ欠勤せずに、職場復帰ができたようです。

ストレートネックのように、首のこりには生活習慣も大きく影響しています。
思い当たることがあれば、それを改善し、同時に首の3点もみでこりをほぐし、めまいの予防・改善に取り組んでみてください。

解説者のプロフィール

入野 宏昭(いりの ひろあき)
兵庫医科大学卒業。大阪大学第一内科、大阪医療センター等を経て2009年より現職。日本めまい平衡医学会認定めまい相談医。めまいを内科や脳外科などの観点から総合的に診断する。著書に『めまいは首をもめば治る』(マキノ出版)がある。

タオル枕(首置き枕)で症状が改善した例

症状・改善例Sさん(女性)

「腰が絶えず痛む」
「足がつる。しびれる」

2人目の子どもを妊娠中だった21歳のとき、私はこうした足腰の症状に悩まされていました。その前年に生まれた上の子を抱っこしながらの生活だったこともあり、足腰に負担がかかっていたようです。
産後2ヵ月して、ようやく環境も落ち着いたので整形外科に行くと、椎間板ヘルニア(背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が飛び出した状態)と診断されました。

授乳中だったため、鎮痛薬は飲まず、腰を牽引(引っ張ること)したり、温めたりという治療を受けましたが、効果は感じられませんでした。近所の整骨院に行っても、施術を受けた直後はいいのですが、すぐ痛みがぶり返すというくり返しです。

さらに3人目の子どもを出産した26歳の頃には、腰痛に加え、首の痛みと重い肩こり、片頭痛まで起こるようになりました。以降、十数年は日常生活に困らない程度のケアをしながら、だましだまし生活をしていました。
5年ほど前、これらの症状を根本から改善したいと思い、インターネットで整骨院を探していたところ、田中宏先生の整骨院を発見。患者さんの体験談が詳しく紹介されていたので、治療を受けてみることにしました。

田中先生には、首の曲線が失われている、ストレートネックになっていると言われました。施術を受けると、これまで受けたどの治療よりも首、肩のこり、腰痛がらくになりました。
とはいえ、整骨院に行けるのは月2回くらいです。疲れると、どうしても腰痛が再発してしまいます。

そんなとき、先生が、腰痛の再発を防ぐ方法として、バスタオルで作る「首置き枕」を教えてくれたのです。首置き枕は、首の下に置いてあおむけの状態で寝ます。
それまで、腰痛を和らげるために、横向きで寝ていましたが、まずは一回、首置き枕を首の下に置いて、あおむけで寝てみました。

すると、一晩で、全身が筋肉痛になってしまったのです。おそらく、正しい姿勢で寝るのに慣れていなかったのでしょう。

一方で、これまでと違う反応がありました。今までは、朝起きたときいつも頭がボーっとしていました。それが、霧が晴れたように、頭の中がスッキリして起きられたのです。
「先生の言うとおり、この寝方が体にいいのだ」と実感でき、続けてみることにしました。

筋肉痛は3日間続いた後、徐々になくなりました。それとともに、長年悩まされた椎間板ヘルニアによる腰痛が、ほとんどなくなってきたのです。さらに、首の痛みや肩こり、片頭痛も出なくなりました。

体が快調になってきたので、4年ほど前からウオーキングを始めました。だんだん物足りなくなってジョギングを開始。

さらに、目標がほしくなって、3年前から5kmのロードレースに出たのを皮切りに、しだいに距離を伸ばして、フルマラソンを走るようになりました。ここ2年、出場した大会はすべて完走しています。

椎間板ヘルニアによる腰痛で悩んできた私が、まさかフルマラソンを走れるようになるとは夢にも思っていませんでした。

首置き枕を使ってわかったコツは、バスタオルを「毎晩巻き直す」ことです。前日のままで使うと、どうしてもゆるんでしまいます。毎晩キュッと巻き直して、一定の高さで首に当てたほうが効果的だと感じます。
腰痛に悩んでいる人には、簡単で効果的な首置き枕をぜひお勧めします。

筋肉痛になるのは悪いことではない(天竺整骨院院長 田中宏)

Sさんは当初、ストレートネックのため骨格にゆがみがありました。しかし、首置き枕の使用で骨格が整い、ヘルニアによる腰痛を克服しました。枕を巻き直すのは、寝るとき、常に同じ硬さと高さをキープできるのでお勧めです。

筋肉痛は、これまでと違う姿勢をとったことによる体の反応なので、悪いものではありません。質のいい睡眠がとれたからスッキリ目覚められたのです。

解説者のプロフィール

田中 宏(たなか ひろし)
柔道整復師。日本柔道整復専門学校在学中より、病院、整骨院、整体院の勤務を経て、2009年より天竺整骨院を開院。さまざまな研究・分析・考案し、現在の治癒体系を構築する。その中で有効な治療法として「寝るだけ整体」を考案。著書『腰痛・肩こり・頭痛を解消 寝るだけ整体』(アスコム)が好評発売中。
天竺整骨院のWebサイト

首腰枕で症状が改善した例

症状・改善例Nさん

職場は寒くて長時間、立ちっぱなし
私はパティシエの仕事をしています。
洋菓子を作るという仕事柄、生クリームや氷などを扱うので、室温が約10℃と低温のところにいます。そんななかで、毎日10時間以上も立ったまま作業をしなければなりません。

繊細な作業を要する飾り付けも行うので、姿勢が前のめりになり、巻き肩になっていました。そんな生活が染み付き、「首ネコ背」という首が前に出た姿勢でした。

首ネコ背になると、夕方には首が誰かにつねられているかのような痛みを発し続けます。
また、一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。

そんな生活をパティシエとなってから20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。また、距離感がつかめなくて、取ろうとした物を取り落としたりすることや、頭が割れそうな頭痛が起こってきたのです。

脳や神経の病気が心配で、何かいい治療がないかとインターネットで調べていたところ、心神診療室の髙木智司先生のことを知って診てもらいました。約2年前のことです。


1日5分の首腰枕で症状がみるみる改善
いろいろ検査すると、まず甲状腺の数値に異常が見られ、甲状腺機能亢進症(甲状腺からのホルモン分泌が過剰になって起こる病気)とのことでした。また、隠れ脳梗塞(症状はないが、画像検査で見つかる脳梗塞)も見つかりました。

髙木先生には「とにかく今すぐ静養し、同時に食生活を改善していきましょう」と言われました。それと合わせて、首は神経、リンパ管、血管と体と頭をつなぐ重要なものがたくさん張り巡らされているという話も聞きました。
首ネコ背のままでは、病気は治らないかもしれないと思い、意を決し、1ヵ月半ほど休業して、治療に専念することにしたのです。

食生活の見直しとともに、首ネコ背の改善にと、髙木先生から勧められた「首腰枕」を実践しました。
高さのある枕を首と腰の下に入れてあおむけに寝転び、首、背中、腰から下半身まで、首ネコ背を含めた全身のゆがみを直す健康法です。このゆがみを正すと神経、リンパ管、血管の圧迫がなくなると同時に、自律神経の働きが整って、さまざまな不調が改善するとのことでした。

1日1回、5分寝転ぶだけでいいのですが、実は最初、すごく痛くて、3分もたたずに音を上げていました。それだけ首ネコ背がひどかったのでしょう。前屈や後屈などのストレッチをしてから、首腰枕を当てるようにしました。慣れると、しだいに痛みは薄れていきました。

こうして続けていたところ、薄紙をはぐように少しずつ、さまざまな症状がよくなっていったのです。
まず、寝つきがよくなりました。甲状腺機能亢進症の症状で、以前は汗をかいて寝つけないことが多かったのですが、それがなくなりました。首腰枕をするのを忘れたら、ぜんぜん眠れず「やってなかった!」ということもありました。

冷え症も改善しました。常に冷房が入っていた職場では、体が冷えて仕方がなかったのですが、最近はあまり苦にならなくなりました。
足のしびれも起こらなくなりましたし、むくみも軽くなり、靴が入らずに苦労するようなこともなくなりました。


甲状腺の薬も必要なくなった!
頭痛や距離感の狂い、物忘れなどの気になっていた症状も、今では一掃されました。趣味のダンスの振り付けがパッと覚えられ、安心したものです。

また、これも甲状腺機能亢進症の症状だったのでしょうが、一時抜け毛がひどくて悩んでいました。でも、しだいに抜け毛が減り、新しい髪の毛がたくさん生えてきたのです。
通常、甲状腺の病気は治らないから、ずっと薬を飲み続けると聞きました。けれど私は薬を飲むこともなく、元気に過ごせています。今でも仕事が忙しいときなど、体のだるさを覚えることはありますが、前と比べたら、はるかに快適に過ごせています。

髙木先生が言われるように、首ネコ背を直すことで体が持つ本来の治癒力が高まり、自分の病気を自分で治せるのだなと実感しています。

仕事による体のだるさが減った

首腰枕で味覚と嗅覚も研ぎ澄まされる(心神診療室院長・髙木智司)

Nさんは、数えるほどしか診療にお越しにならなかったのですが、約2年間、まじめに首腰枕を続けていました。その甲斐があって、甲状腺機能亢進症など、万病から順調に回復されています。

パティシエに欠かせない指先の繊細さに加えて、脳の回復による味覚・嗅覚も、首腰枕でいっそう磨きがかかっているはずです。
10時間立ちっ放しの仕事は、とても疲れると思います。1日8時間はゆっくりくつろげる姿勢を確保しましょう。

解説者のプロフィール

高木 智司(たかぎ さとし)
心神診療室(神経内科)院長。
1984年、名古屋大学医学部を卒業し、神経内科と心療内科を専攻。
背骨治しなどの自然療法の研究のかたわら、大手企業の診療所長を15年間務める。
2002年、首枕・腰枕を完成し、心神診療室を開設して診療にあたる。
石原式漢方・食養・断食と、自律神経免疫治療を実践。

●心神診療室
名古屋市守山区西新4-8
TEL 080-6913-0148
心神診療室のWebサイト

関連記事

※当サイトの記事(治療・施術機関の記事を除く)は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※当サイトの記事(治療・施術機関の記事を除く)は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

※当サイト内の情報・サービスの正確性・完全性・信頼性、またこれらの使用によって生じた結果、および当サイトを利用したことにより使用者が受けた損害について、一切の責任を負わないものとします。


関連するキーワード
最新記事
近年増加している「ストレートネック」とは、「スマホ首」ともいわれています。肩こりやめまいなどの症状に始まり、精神面にまで影響をもたらすこともあります。ストレートネックが引き起こす症状、自分でチェックできる方法や予防対策などをご紹介。
更新: 2019-03-11 16:28:24
ストレートネックは頭が前に出た姿勢が基盤になって起こっています。その分、首に大きな張力がかかり負担を増しています。肩こり、腰痛、めまいなど様々な症状を引き起こします。日常生活で実践可能なストレートネックの治し方をいくつかご紹介いたします。
更新: 2019-03-11 16:29:41
ストレートネックが引き起こす症状は肩こり、頭痛、めまい、吐き気など様々。改善するには寝る間の姿勢も重要で「枕」は欠かせません。専門家による枕の選び方や注意点、タオルを使って簡単にできる枕の作り方やおすすめの枕などをご紹介いたします。
更新: 2019-04-10 11:41:42
ストレートネックが引き起こす様々な症状でお悩みの方から実際に改善した体験談を紹介しております。体験談の内容を元にすべて専門家が解説。首もみやタオル枕、首腰枕を実践して症状が改善されております。つらい症状でお悩みの方は参考にしてください。
更新: 2019-03-11 16:30:18
北海道にあるストレートネックに詳しい治療・施術機関です。住所や営業時間などに関する情報を紹介しております。
更新: 2019-03-29 16:33:53
get_app
ダウンロードする
キャンセル